ここからトップページから現在のページまでのパスを示したリストが始まります

ここから本文が始まります

【銀行預金のしくみ】 こつこつ積み立てると果たしていくらになるのだろう?

 「年金終価係数」についてみていきたいと思います。年金終価係数とは、名称はいかめしいですが「毎年、一定額ずつ一定期間にわたって積み立てていくと、一定の利率のもとで将来いくら受け取ることができるのか」を考える際に利用できるとても便利な係数なのです。私たちの多くは、多かれ少なかれ、毎年、一定の貯蓄をしています。「私は毎月1万円なので年間12万円」とか「毎月は5,000円だけど夏・冬のボーナス時に10万円ずつ、合計年間26万円!」とかいった貯蓄です。無理のない範囲あるいは多少無理してもこつこつと貯蓄をするのです。

 さて、こつこつと貯めることはすばらしいのですが、果たして、貯める間の利息も含めて将来、いったい、いくらになるのでしょう。「やみくも」に「できるだけ」の金額を貯めておくことも立派なことではありますが、計画的に目標を定めることもまた重要です。

 ここに登場するのが年金終価係数です。こつこつと貯めたお金の合計が、しかも利息を含めた元利合計がいくらになるのかなんて、計算したくても複雑そうでやる気がおきません。この複雑さを払拭してくれるのが年金終価係数なのです。

 表をご覧ください。横軸は利率、縦軸は積立の年数を表しています。例えば、毎年30万円ずつ貯蓄し、利率が1%であれば、20年後にはいくら受け取れるでしょう。

■年金終価係数
  1.0 1.5 2.0 3.0 4.0
1 1.00000 1.00000 1.00000 1.00000 1.00000
2 2.01000 2.01500 2.02000 2.03000 2.04000
3 3.03010 3.04522 3.06040 3.09090 3.12160
4 4.06040 4.09090 4.12161 4.18363 4.24646
5 5.10101 5.15227 5.20404 5.30914 5.41632
6 5.41632 5.41632 6.30812 6.46841 6.63298
7 7.21354 7.32299 7.43428 7.66246 7.89829
8 8.28567 8.43284 8.58297 8.89234 9.21423
9 9.36853 9.55933 9.75463 10.15911 10.58280
10 10.46221 10.70272 10.94972 11.46388 12.00611
11 11.56683 11.86326 12.16872 12.80780 13.48635
12 12.68250 13.04121 13.41209 14.19203 15.02581
13 13.80933 14.23683 14.68033 15.61779 16.62684
14 14.94742 15.45038 15.97394 17.08632 18.29191
15 16.09690 16.68214 17.29342 17.29342 20.02359
16 17.25786 17.93237 18.63929 20.15688 21.82453
17 18.43044 19.20136 20.01207 21.76159 23.69751
18 23.69751 20.48938 21.41231 23.41444 25.64541
19 20.81090 21.79672 22.84056 25.11687 27.67123
20 22.01900 23.12367 24.29737 26.87037 29.77808
 横軸「1.0%」と縦軸の「20年」が交差しているセルには「22.01900」と記入されています。この数値(年金終価係数)に30万円を掛けると答えが出てきます。今回の場合は約660万円になることがわかります。とても簡単です。

 現在は低金利で年間の利率が0.1%程度という場合も少なくありません。0.1%で20年間積み立てる場合の終価係数を計算すると20.19114になります(これは表にはありません)ので、将来の積立額は約605万7千円になります。0%で積み立てると600万円ですから、約6万円ばかり多めに受け取ることができます。0.1%ではありますが、無視はできません。

 余談ですが、年金終価係数は企業が事業を行う際の意思決定にも利用されています。事業を行う際には資金調達が必要となりますが、資金を借り受けて事業を行うべきかの判断材料になるのです。利率を借入利率、年数を借入期間と考えるのです。時まさに宇宙開発時代です。例えば、ロケットを打ち上げて宇宙開発に乗り出す企業を考えてみましょう。「年利4%で、毎年1億円ずつ借り入れて5年後にロケットを打ち上げる。打ち上げによる収入は5億5千万円」という事業計画は妥当でしょうか?

 年金終価係数表の利率が4%で5年のセルには「5.41632」という係数があります。つまり、年利4%で毎年1億円ずつ借り増していくとすればその額は元利合計で5億4千万円程度になるのです。この事業計画のコスト5億4千万円程度ということになります。収入は5億5千万円と見込まれているので、この事業計画は「妥当」との判断を下すことができるのです。もっともロケットがうまく打ちあがれば、の話ですが。

 年金終価係数は、家計においてもさまざまな場面で応用できそうです。

ここから他ページへ飛ぶリンクナビゲーションが始まります

ここからフッターリンクナビゲーションが始まります